中学生の皆様へ

HOME > 中学生の皆様へ > 日本文理Q&A

日本文理Q&A

特色

Q.日本文理は「可能性を広げる学校」と聞きましたが?

日本文理高校は、あなたの可能性を広げることができる高校です。
国公立大学や有名私立大学、自分にあった専門学校への進学、プロスポーツ選手や芸術家など、日本文理には自分の可能性に気づいて夢を実現している先輩がたくさんいます。あなたの可能性を広げるために、日本文理は「学習・進路指導」「部活」「生活」「行事」を大切にしています。

コース・学習指導

Q.コース選択はどのようにおこなうのですか?

まずコース希望を出します。その後、3月の入学者オリエンテーションで学力テストを行い、希望を優先してクラスを編成します。1年から2年になるときに再度学力テストを行い、再編成します。特進コース以外は、2年から3年になるときにも編成替えがあります。

Q.特進コースで勉強すると部活動ができないと聞きましたが、本当ですか?

部活動との両立は可能です。
しかし、練習時間や場所の関係で野球・陸上競技・レスリングなど、両立するのが大変な部活動もあります。特進クラスからも約40%の生徒が部活動と勉強を両立しています。

Q.一般コースからの進学先はどうなっていますか?

7割が大学・短大・専門学校に進学しています。

Q.高校の勉強についていけるかどうか不安です。大丈夫でしょうか?

大丈夫です。
本校には様々な学習レベルの生徒が在籍しています。本校の授業では「学習のやり方」を学び、やる気を育てることができます。年間3回の進路希望調査、担任による進路相談などによって個別に適切なアドバイスが得られます。また成績が伸び悩んでいる生徒には、定期考査前に学習会を行っています。

Q.土曜講習の時間と内容はどんなものですか?

毎月2回、60分授業で3限から4限の授業を行っています。基礎的な内容の確認から模試対策の演習、大学受験のための演習などを行っています。特進クラスは全員参加、それ以外のコースからも希望者が参加できます。

進路指導

Q.大学進学率はどれくらいですか?

大学進学率は、過去5年間を平均すると60%前後で、新潟県全体の大学進学率45%前後を大きく上回っています。大学等への進学希望者の90%以上が現役で進学するのも日本文理の誇りです。

Q.就職する生徒はいますか?

はい。
毎年20~30名が希望しており、就職内定率は100%です。多くは県内企業に就職しています。

Q.塾や予備校で勉強しなければ大学には行けませんか?

いいえ、大学合格は本校の学習だけで十分です。近年の国公立大学・有名私立大学への合格者はほとんどが塾へ通っていませんでした。本校は放課後講習、土曜講習、休業中の講習など希望すればいくらでも学習できる環境があります。日ごろから授業で接している先生ばかりですから、生徒の長所や弱点を知り尽くしています。

部活動

Q.部活動が盛んだと聞きました。

はい。日本文理には全国レベルの部活を含め、25種類の部活があります。運動系18、文化系7の部があります。野球、男子ソフトボール、陸上、水泳、女子柔道など全国大会の常連クラブや、自分の趣味を追及できる文化部があなたを待っています。「教室の隣に新潟県チャンピオンが」「放課後は趣味の合う仲間と楽しいひと時を」が実現する学校です。

学校生活

Q.安心できる学校だと聞いています。

はい。いじめなどの悪質な問題はありませんし、問題行動も一年間で10件前後と、県内で最も問題の少ない学校の一つです。「本校に来てよかった。安心できる」と感じる満足度も80%を超えています。

Q.登校時間と下校時間を教えてください。

朝は8時30分からの朝読書で始まります。授業は45分の7限(特進は週3日8限)授業です。7限終了後のSHRは15時45分からとなります。校舎を閉める時刻は、4月〜9月が19時30分、10月〜3月が19時と決められていますので、その間が放課後の活動時間となります。

Q.あいさつがよいと評判ですが、何か特別に取り組んでいるのでしょうか?

本校では、教員が毎朝笑顔で声をかけています。あいさつは人間関係の基本です。登校して教室に入るまでに誰からも声をかけられなかったという生徒はいません。部活動でも最初に挨拶の大切さを教えられます。

Q.身なりの指導をしていると聞きましたが、どのようなことをするのですか?

頭髪や服装の指導は毎日しています。本校では常にさわやかな姿を目指しており、整髪や制服のきれいな着こなしについて、毎朝ロビーで挨拶をしながら確認しています。「その日の午後に面接試験があっても合格できる身なりで」というのがコンセプトです。

Q.自転車やバイクでの通学は可能ですか?

自転車は通学距離が1Km以上あれば登録制で許可しています。内野駅や新潟大学前駅から通学に利用している生徒もいます。バイク(原付)は免許取得も通学も認めていますが、様々な条件があるため面談することになっています。

Q.アルバイトは認めていますか?

学業を優先するという点で原則的には禁止です。しかし現在、家庭の都合で必要になったため、許可をしている生徒もいます。

学校行事

Q.「日本文理の学校行事は楽しい」と聞きます。

日本文理は、楽しい学校行事が自慢です。修学旅行や体育祭、文化祭、スキー授業はいつも生徒の満足度抜群です。他にもクラス単位でバス旅行が楽しめる「校外オリエンテーション」や教員チームも参加して大いに盛り上がる球技大会などがあります。また生徒会イベントとして、3年に一度県民会館で鑑賞する芸術鑑賞会や特別企画も楽しみです。近年では、「Hi-Fi CAMP」のライブや「よしもと」の演芸鑑賞会が行われました。

施設・設備

Q.パンフレットには学習環境がよいとありますが、自慢できるものはありますか?

本校では、生徒が身近に使うものから環境整備をしています。皆さんが使う教室の机・椅子は平成20年度にリニューアルしました。大型の机と座り心地抜群の椅子でゆったり授業が受けられます。全教室冷暖房完備。進路指導室には、自由に情報検索できるパソコンや個別相談ブース、学習コーナーなどが設置されています。図書館には、キャレルデスク(照明付き学習机)が48台あります。トイレは自動点灯・自動水洗でとても清潔。36種類のランチメニューがある食堂「すまいる」や「文理グッズ」が買える購買なども自慢です。

費用

Q.私立は学費が高いと聞きますが、どれくらい費用がかかりますか?

1.入学金は、180,000円。学校納付金は、年額423,000円です。
現在、国から「就学支援金」としての補助があります。(収入により差があります)優遇措置のある生徒は、入学金・授業料なども免除されます。学費は年額を3期に分けて納入します。

2.諸経費は、年額45,000円です。
月額3,750円で、これは、公立・私立問わずに必要なものです。

3.その他、制服用品・旅行積立金が必要です。
夏冬の制服、通学靴と内履き・外履き・体操着が全部で約9万円。教科書・教材費が3年間で約9万円。校外オリエンテーション(1年〜3年)・スキー授業(1年)・修学旅行(2年)などの旅行積立金合計が約17万円となります。それ以外に必要な経費や寄付などはありません。進学講習(長期休業中の進学講習と土曜講習)は、教材費のほかに年間7,000円で受講可能です。

Q.制服など指定用品の費用は具体的にどれくらいかかりますか?

すべて込みで9万円前後です。
本校の指定用品は、制服、通学靴、トレーニングシューズ、体操着です。シャツやブラウスなどは複数必要となりますが、最低限の品目でそろえると次の内容になります。

  男子 女子
冬の制服 42,390円 42,614円
夏の制服 13,824円 16,038円
靴(通学靴・内履き・外履き) 14,030円 13,706円
体操着(夏・冬) 18,306円 18,306円
合計 88,550円 90,664円

Q.奨学金や学費補助制度はありますか?

本校独自の「慧青奨学金」もあります。本校独自の奨学金(慧青奨学金)制度や県・市などから貸与される公的な助成制度もありますので、入学後、事務室で相談してください。

その他のコンテンツ

学校紹介

学校紹介

謙虚、誠実な人間性を培い新世紀にふさわしい国際性豊かな日本人を育成。

コース・進路情報

コース・進路情報

一人ひとりの希望に合わせて第一志望を叶えるコースの選択ができます。

学校生活

学校生活

目標を定め取り組む生徒それぞれのスタイルと学校施設についてのご紹介。

クラブ活動

クラブ活動

三年間の部活動を通し、大学受験や社会で活躍する為の力を養います。

中学生の皆様へ

中学生の皆様へ

受験に関する各種お知らせやオープンスクールの日程等のご紹介。

入試情報

入試情報

日本文理高等学校に関する入試情報や入試説明会、募集要項等のご案内。

日本文理高等学校 スマートフォンHP The NB Times ONLINE